現地観測に基づく汚濁防止膜の抗力係数

汚濁防止膜に作用する流体力と膜の変形形状の研究については、水理実験による検討が従来から行われており、当委員会も運輸省港湾技術研究所に委託しています。

しかし、それら模型実験の結果をそのまま実海域に設置されている汚濁防止膜に適用するには注意を要します。そこで、波・流れの共存場において係留索に作用する張力、流れによる膜の変型特性を現地観測し、汚濁防止膜の設計に必要である膜構造物の抗力係数の推定を試みました。


係留索張力の現地測定


汚濁防止膜の変形形状、接近流速の現地測定

 

結果のまとめ

暴風時の波・流れ共存場の係留索張力と流速の現地観測に基づけば、流れによる静的張力は流速の定数倍で示され、波による変動張力は流れの流速の影響を受けます。この結果と現地観測に基づいて得られた流れと膜の変形形状の関係によって、流れに対する膜構造物の抗力計数が求められました。