汚濁防止膜のタイプ

固定式垂下型汚濁防止膜

従来から最も多く使用されているタイプで、水面上のフロート部、カーテン部およびウェイトチェーンとから構成されています。

汎用タイプは1スパン延長20mで、19.5mごとにアンカーロープ(ワイヤーロープまたは合繊ロープ)とアンカー(通常はコンクリートブロックを使用)で係留固定します。

■販売品標準仕様(固定式垂下型汚濁防止膜)
タイプ 設置場所の条件 標準仕様
フロート径
(mm)
フロート形式 カーテン生地 ウェイト
チェーン
質量
(kg/m)
番手
(引張強度 N/3cm)
A 有義波高:1.5m以下、流速:0.5m/s以下
(自然の地形で遮断された防波堤外の海域)
φ600
(浮力2352N/m
以上)
連続 #800
(7846N/3cm)
10〜20
#500
(4904N/3cm)
B 有義波高:1.0m以下、流速:0.2m/s以下
(防波堤内の広い海域、あるいは自然の地形で遮蔽された湾奥の海域)
φ400
(浮力980N/m
以上)
連続 #800
(7846N/3cm)
5〜10
#500
(4904N/3cm)
#300
(2942N/3cm)
C 有義波高:0.8m以下、流速:0.1m/s以下
(防波堤内の中程度の広がりを持つ海域)
φ300
(浮力588N/m
以上)
連続 #800
(7846N/3cm)
5〜10
#500
(4904N/3cm)
#300
(2942N/3cm)
D 有義波高:0.5m以下、流速:0.05m/s以下
(湖沼、あるいは湖沼と同等に静寂な十分に遮蔽された湾奥の海域)
φ300
(浮力294N/m
以上)
単独 #500
(4904N/3cm)
3〜5
#300
(2942N/3cm)

 

■レンタル品標準仕様(固定式垂下型汚濁防止膜)
設置場所の条件 標準仕様
フロート径
(mm)
フロート形式 再利用
カーテン生地
番手
(引張強度 N/3cm)
ウェイト
チェーン
質量
(kg/m)
有義波高:1.0m以下、流速:0.2m/s以下
(防波堤内の広い海域、あるいは自然の地形で遮蔽された湾奥の海域)
φ400
(浮力980N/m
以上)
連続 #500
(2000以上
3000未満)
#300
(1200以上
1800未満)
※上記数値は目安であり、構造計算に基づく必要強度を確認の上、使用するものとする
5〜10
有義波高:0.8m以下、流速:0.1m/s以下
(防波堤内の中程度の広がりを持つ海域)
φ300
(浮力588N/m
以上)
連続 5〜10
有義波高:0.5m以下、流速:0.05m/s以下
(湖沼、あるいは湖沼と同等に静寂な十分に遮蔽された湾奥の海域)
φ300
(浮力294N/m
以上)
単独 3〜5
備考)
 #300(初期引張強度 2942 N/3cm)
 #500(初期引張強度 4904 N/3cm)

 

固定式垂下型汚濁防止膜
設置状況
 


浮沈式垂下型汚濁防止膜

浮沈式垂下型汚濁防止膜は、埋立工事区域の船舶出入口や、台風等の荒天候時に緊急の退避が必要な場合に使用されています。

基本構造は固定式垂下型と同じで、浮上時の断面仕様も同じですが、フロートが合成ゴム製で、フロート内へ空気を出し入れして沈下・浮上ができる仕組みになっています。

浮沈式垂下型汚濁防止膜
設置状況
 


固定式自立型汚濁防止膜

海底面からフロートでカーテンを立ち上げるタイプです。

掘削・浚渫および直投工事等において、主に海底面付近から発生する汚濁の拡散防止を目的として開発されました。

固定式自立型汚濁防止膜
設置状況
 


枠型汚濁防止膜(汚濁防止枠)

フロート枠の下部にカーテン部を垂下させた形式の汚濁防止膜です。グラブ浚渫船等による浚渫作業において、浚渫箇所の部分的な汚濁防止を行う場合に用いられ、外周に展張される垂下型汚濁防止膜と併用されるのが一般的です。

フロート枠には、鋼管をボルト等で接合し枠状にしたものが用いられることが多く、鋼管上に巻上ウインチを設置することにより、作業時の水深に応じてカーテン丈を調節する機能を付加させることもできます。

ウエイトにはチェーンや鋼管が使用され、潮流の影響が大きい場所では、カーテンのふかれを考慮して縦方向にウエイトチェーンを取り付けたり、固定枠を取り付ける場合があります。

枠型汚濁防止膜
使用状況