関西国際空港2期建設工事

関西国際空港2期事業では、現在の空港島の沖側に545haの用地を造成し4000mの平行滑走路と関連施設が整備されました(2007年)。
1999年7月に現地着工し、工事海域に汚濁防止膜が敷設されました。